VAPE4LIFE VAPE BLOGS

札幌在住Vape初心者によるレビュー。ご連絡はsktsp012-012@yahoo.co.jpまで。

GEEK VAPE AMMIT RTA アトマイザーレビュー

すごいペースで続々と新商品が発表されますねーVAPE業界って。

 

たくさん選択肢があるのはいい事ですが、いざ買うってなると迷いますよねー。

 

やっぱり実際使った人の話を聞くのが1番でしょう!

 

僕も色んなベイパーさんのレビュー見まくって情報収集してますよー。

 

  

ではでは、アトマイザーレビューです!

 

 

今回はGEEK VAPEより

 

 

 

AMMIT RTA!!

f:id:sktsp012:20170512082142j:image

 

RTAです!

RDTAは持っていたのですが、RTAってコイルがすぐ見えないってのが不安要素で…。

 

でも、とりあえず使って見なきゃ分からないよね!

 

では開封!

f:id:sktsp012:20170512082215j:image

 

本体、各種スペアパーツ、レンチ、説明書が入ってます。

f:id:sktsp012:20170512082257j:image

 

詳しく見ていきましょう!

 

まず本体外観から。

 

正面

f:id:sktsp012:20170512082414j:image

AMMITと書いてあります。

読み方はアミットでしょうか、アメミット?アンミット?

 

全長少し長めのRTAです。

 

f:id:sktsp012:20170512082602j:image

ワニ?ではなくアメミット=エジプトの幻獣らしいです。

 

意味は「貪り食う者」ですって…恐ろしや。

 

 

とりあえず分解

 f:id:sktsp012:20170512221321j:image

 

分解も簡単なので洗浄も楽ですね!

では細かく見ていきましょう。

 

ドリップチップ 

f:id:sktsp012:20170512220043j:image

f:id:sktsp012:20170512220114j:image

 

ドリチは入口が少し絞ってあるフツーのやつ。

 

トップキャップ

f:id:sktsp012:20170512220431j:image

 

トップキャップの裏

f:id:sktsp012:20170512220603j:image

 

外側の溝にタンクのガラスがはまり込みます。

 

本体上から(トップキャップ外した状態)

 f:id:sktsp012:20170512220528j:image

 

リキッドチャージはトップキャップを外して入れるトップフィル式です。

RTAはリキッドチャージが楽ですねー!注入口も広めなので難なくリキッドチャージ出来ます。

 

ちなみに容量は3.5mlです。

 

 

 

チャンバー?でしたっけ?

f:id:sktsp012:20170512221513j:image

 

f:id:sktsp012:20170512221844j:image

 

取り付け時はコイルに被せる形になります。

コイルから発せられたミストかチャンバーによってぎゅっと集められ、味の濃いミストが出る仕組みになってるんですねー。

 

要するにここの形がすごい大事。

 

少し斜めにテーパーもかかってるのでミストもスムーズに出そうです。

 

デッキ!

f:id:sktsp012:20170512222813j:image

f:id:sktsp012:20170512223704j:image

 

2ポール、2ホールなのでシングル前提のデッキです。

 

上から

 f:id:sktsp012:20170512224829j:image

 

エアホールが独特ですね。

小さい穴3つ(斜めから)+長穴2つ(ボトムから)

これならコイルにエアーもしっかり当てられそうです。ビルドする時も狙いやすい!

 

 

次はエアーフロー。

f:id:sktsp012:20170512225054j:image

 

エアーフローは段階式です。

カチッカチッと動くやつ。

 

全閉

f:id:sktsp012:20170512225054j:image

 ①

f:id:sktsp012:20170512225310j:image

 ②

f:id:sktsp012:20170512225326j:image

f:id:sktsp012:20170512225343j:image

④全開

f:id:sktsp012:20170512225411j:image

 

全閉だと全然吸えません。

全開だとスッカスカの一歩手前ぐらい。

 

ちゃんとそれぞれの位置によってしっかり吸い応えが変わります。

 

デッキ下

f:id:sktsp012:20170512230406j:image

ポジティブピンは調整式です。

f:id:sktsp012:20170512230428j:image

調整ネジ

f:id:sktsp012:20170512230445j:image

 

調整ネジ外して、さらにマイナスで緩めるとポジティブピン自体も抜けます。

 

ポジティブピン取ればデッキのポールも外れます。本気で洗いたい人は外して洗って下さいね!

 

↑写真は撮り忘れました。

 

あとデッキとエアーフローの分解は出来なさそうでした…。

  

あ!あともう1つ!

 

ジュースコントロール付きです! こちらは無段階で調整式。

 

MODに固定した状態でガラス部分を持って回せば調整できます。

 

全閉 

f:id:sktsp012:20170512231402j:image

 

途中

f:id:sktsp012:20170513071649j:image

 

全開

 f:id:sktsp012:20170513071743j:image

 

 これ便利ですよねー!

使わない時は閉めておけば無駄に供給されない=漏れ対策になります。

 

各部のチェックが終わったところで早速組んでみましょう!

 

ワイヤーはカンタル 26ga 内径3mm 7巻

 

1.14Ω

f:id:sktsp012:20170513072919j:image

 

f:id:sktsp012:20170513073642j:image

 

コイルの位置は大体真ん中で。

エアフローギリギリよりも、もう少し上げたほうが濃い味が出る気がします。

 

ドライバーン

f:id:sktsp012:20170513073859j:image

 

コットンつめつめ。

f:id:sktsp012:20170513073925j:image

 

コットンの長さはちょうどデッキに乗っかる程度にします。

 

f:id:sktsp012:20170513074128j:image

f:id:sktsp012:20170513074138j:image

 

コットンを乗せる所にはリキッド供給用のちっこい穴がありますが、穴が小さいのでコットンの詰めすぎに注意してください。供給不足でイガリます…。

 

あとコットンがエアホールに掛かったり、乗っかったりしてしまうとエアフローから漏れてきます←当たり前

 

ウィッキングはこの2つに注意が必要ですね!

 

…にしてもデッキのスペースも十分にあるのでビルドがすごく楽で簡単です。

 

さて、肝心の吸い心地の方はというと…

 

シングルなので爆煙って程ではないですが、ミストの量もそれなりに出ます。

 

ドリッパーにはやはり劣りますが、味も結構出てますね。ドリップチップもさらに細い内径のモノをつかえばさらにフレーバーRTAとして使えそうですね。

 

コイルの冷却も問題ないようで、チェーンしてもアトマイザー自体と熱くなりにくいです。

 

デザインも機能もなかなかよくて、ジュースホール付きで漏れにくい。

さらに味もしっかり出るシングル前提のRTA

 

味はSERPENT RDTAの方が出ますが、なんと言っても漏れ耐性がかなり良いので、絶賛愛用中です!

 

Eleaf ijust sに乗っけてみた

f:id:sktsp012:20170513223823j:image

 

 

フレーバーRTAをお探しの方、ぜひお試しくださいませ!

 

 

Geekvapeより

AMMIT RTAのレビューでした!

 

 

 

TAKUYA